私たちについて

私たちは、熊本の早期の復興に資すると共に、多くの方々に熊本地震被災地での支援活動の機会を提供し、被災地支援を通じて減災を学び、活かし、将来に伝えることを目的として、2015年5月にこの実行委員会を設立しました。

益城町

実行委員会体制

委員長   田口努(横浜災害ボランティアバスの会代表・横浜YMCA総主事)

副委員長 鈴木一男((株)ダイイチ取締役会長)

事務局長 秦好子(被災地の子どもを支援する神奈川市民の会事務局長)

本事業は(公財)日本財団による助成事業です

阿蘇YMCAボランティアセンター

これまでの活動

実行委員会のメンバは、これまで横浜災害ボランティアバスの会、被災地のこどもを支援するかながわ市民の会として、以下の被災地支援活動の他、平時の災害ボランティアの啓蒙活動を行ってきました。

  • 熊本地震避難所支援(益城総合体育館,熊本大学避難所)
  • 東日本大震災支援(気仙沼市)
  • 中越大震災ボラバス派遣(川口町)
  • 新潟水害支援(三条市)

 

阿蘇

参加団体・法人等

参加団体(2016年7月2日現在)

横浜災害ボランテアバスの会、横浜YMCA、阿蘇YMCAボランティアセンター、熊本大学政策創造研究教育センター、ガールスカウト横浜市連絡協議会、被災地の子どもを支援する神奈川市民の会、神奈川県サッカー関係者ボラチーム、SL災害ボランティアネットワーク・かながわ、ダイイチボランティア委員会、神奈川レスキューサポートバイクネットワーク、松岡小児科医院