事務局長挨拶


 

被災地支援の場はスキル伝承の場に

 

 

神奈川ボラジェット事務局長

秦 好子

 

 

神奈川ボラジェットの事務局長を務めます秦好子でございます。

 

 

阪神・淡路大震災に端を発した被災地支援コーディネート活動も20年余を重ねました。大規模被災地に足を踏み入れる毎に被害の様相は異なり、多くの市民生活を破壊し根底から生活の礎を打砕く様に、自然の脅威と人間社会の脆さを痛感いたします。しかし、自然と折りあって生きる知恵を先人は残してくれています。私共が、ボラ同士が手を携えて活動する「ボランティアバス」を提唱したのは中越地震支援活動でした。東日本大震災での長期にわたる支援活動を通じて、私共は「支援活動は学びの活動」であり次世代に生きる技を伝える活動であることを確認いたしました。

 

 

このたびの熊本地震支援活動では、神奈川県内の様々な防災に関わる団体・個人が集い「神奈川災ボラ熊本地震支援実行委員会」を設置いたしました。そして、被災地で多くの避難所運営に関わる熊本YMCAと連携して、社会人や学生に支援活動を体験しながら被災地に学ぶ場を設けることといたしました。その活動が被災地ニーズに即応し、的確であることを是として略称を「神奈川ボラジェット」といたします。スキルを次世代に伝える活動であり、都市の減災力を高める人材育成の場でありたいと願っています。