お知らせ(2016年7月3日)

2016年7月3日

神奈川ボラジェット事務局長

募集要項変更の経緯について

 

 2016年7月3日に神奈川ボランティアジェットの募集要項を変更させていただいたことに関する経緯をご説明させていただきます。

 

本実行委員会は、神奈川県をはじめとした関東地方在住者による熊本地震被災地支援活動を支援し、被災地の負担軽減と復興の早期実現に資することを目的として2016年5月に結成されました。そのため本実行委員会では東京-熊本間を航空機で移動し被災地で支援活動に従事するボランティアを支援する構想をもとに、多くの議論を重ね、活動の構想を練ってまいりました。


その後、旅行業法上における所謂ボランティアバスの解釈に関して旅行事業者以外の団体による会費徴収方式が違法である旨の報道がありました。この報道を受け、実行委員会は今回の事業について、参加者から会費を徴収する代わりに航空券を各自で手配してもらう方式を採ることにしました。同年6月に発表された観光庁による助成金を利用することで格安の熊本行の旅行商品が流通すると考えられましたことから、その航空券を参加者各自に手配してもらう想定で参加者を募集させていただいたわけです。そして、実行委員会は延べ5社の旅行会社と折衝し、本事業参加者のために航空券と宿泊がセットになった格安のパックツアーを設定していただく努力を継続して行ってまいりました。しかし、同年7月1日になり、助成金を利用可能な航空券が1泊数万円の宿泊施設を対象とした高額な旅行商品にしか適用されないことがわかり、事務局は第1便が出発する7月16日が迫ってきていることを鑑み、格安のパックツアーを用意することを苦渋の思いで断念することといたしました。


しかしながら、既に多くの志ある方から参加申込をいただいておりましたことから、本実行委員会は苦肉の策として、各自で航空券と宿泊施設を確保してもらう方法で本事業を継続することといたしました。

 

ここに本実行委員会は、参加希望の方に募集要項を変更しましたことをお詫びするとともに、新しい募集要項についてのご理解を賜りたくお願いさせていただくものです。

以上